子宮ガン検診


当院におけるガン検診についてご案内いたします。
当院では、子宮頚癌、子宮体癌、及び乳癌の検診を受け付けております。
また、希望があれば超音波による卵巣癌の検診も行いますので、お申し出下さい。

1.子宮頚癌の検査
   子宮の出口に当たる頚部の細胞診を行います。
痛みはほとんどなく、すぐに終わります。ただ、この検査のあとには少量の出血がある場合がありますので、ご承知下さい。 詳しいことについては、子宮頚癌の項を参照して下さい。
また、精密検査についても参照して下さい。

2.子宮体癌の検査
   子宮の奥、赤ちゃんが育つ場所である子宮体部の細胞診を行います。細い管を入れて細胞を採取しますが、この検査もほとんど 痛みはありません。が、頚癌検査と同じく検査のあとに少量の 出血がある場合があります。これも、詳しいことについては、
子宮体癌の項を参照して下さい。精密検査についても記載して ありますので、参照して下さい。

3.乳ガンの検査
   乳ガンの検診は、触診で行います。
必要に応じて、超音波検査、細胞診検査を行いますが、超音波検査はまったく痛みはありませんが、細胞診検査は針を刺して細胞を採取いたしますので、主に局所麻酔下で行います。
もしも精密検査ないしは手術が必要である場合には、それに対応可能な病院の外科をご紹介いたします。



1.子宮頚癌

 一般的に子宮ガンの検診といえば、子宮頚部の細胞診のことを指します。この細胞診で解ることは、異型細胞やガン細胞が出現していないか、もし出ていれば、それからどんな病変が「推定」できるか、です。
 異型細胞やガン細胞が出現している場合には病変の位置、範囲、状態などを的確に捉える必要があり、このために コルポスコープ(子宮膣部拡大鏡診)による検査が必要になります。

この写真は、正常の子宮の出口部分、子宮頚部をコルポスコープで見たものです。オレンジ色の部分がびらんと呼ばれる部分で、子宮頚癌はこの辺縁から発生します。
この写真は、初期の癌の方の同じびらんの部分です。酢酸を貼付することでこのように病変部分が白く浮き上がります。


正常の場合にはこのような変化はほとんど起こしません。

  以上のような変化から、最も悪いと思われる部分を狙って組織を採取するねらい組織診を行います。これら、細胞診、コルポスコープ診、組織診の併用により、かなり正確に診断することが可能となります。

 下に示した写真は、(1)が正常の人の組織、(2)が初期の癌の人の組織です。紫色の丸い粒が細胞の核ですが、癌組織ではその密度がかなり高くなっていて(写真の上半分の部分)、皮下組織に向かって(写真では上から下に向かって)浸潤しているのがわかります。

(1) (2)


2.子宮体癌

 子宮体癌も、細胞診でまず検査をします。細胞の採取方法はいくつかありますが、いずれも子宮の内腔に細い管を入れて採取するもので、ほとんど痛みはなく外来ですぐに出来る検査です。しかし、頚癌の検査ほど精度が高くないので、細胞診が陰性でも必要と思われれば精密検査を行った方が良いと考えられます。
 体癌の精密検査としては、
   イ.子宮鏡
   ロ.内膜組織診

の検査があります。いずれの検査も麻酔下で行うのが普通です。


この写真は、子宮鏡で子宮の中を観察したものです。写真手前の部分が癌の部分です。表面がでこぼことしており、異常な血管が見られます。この内視鏡でも異常と思われる部分を狙って組織を取る事ができます。ただ、この検査は子宮頚管が充分に開いていなかったり、出血が多かったりした場合には検査ができないという欠点もあります。

それぞれの治療については子宮癌のページ、および 手術の項を参照して下さい。

         子宮癌の項へ
          卵巣の腫瘍の項へ