.カンジダ膣・外陰炎について


 カンジダは婦人科の病気としてはもっともポピュラーなものの一つです。原因菌は カンジダという真菌(いわゆるカビの仲間)で、感染経路は明確ではない場合もあり ますが、もっとも多いのは風邪を引いたり何か病気をしたり、あるいはストレスなど も原因となり得ますが、そういうことで身体の抵抗力を落とすことでしょう。そのほ か風邪や膀胱炎のために抗生物質を服用することが原因となることも比較的多く見ら れますし、また妊娠中にもしばしば認められます。糖尿病患者にも多く見られ、この 場合しばしば頑固で治療に抵抗することが多いようです。
また、生理の前後に症状を訴える人が多いようですが、これはホルモン量の変化が要因となるものです。

  症状と特徴

まず大抵はかゆみを自覚することから始まります。かゆみは、”痛がゆい”と表現さ れるかゆみであることが多いようです。そして、おりものが増え、チーズ様、酒カス 様、固まった牛乳様などと表現されるようなおりものとなります。
入浴後にかゆみが増す傾向があり、また石鹸類を用いて外陰部を洗うことでもかゆみ が増す傾向があります。性行為によってもかゆみが増します。
性行為で相手の男性にもうつってかゆみが出現しますが、男性の場合には放置しても 自然に治癒する傾向が強いです。また、その逆の経路による感染は非常にまれです。
風呂での感染、食器などを共用することによる感染はほとんどありません。

  治療

軟膏の塗布と膣坐薬の使用が基本となります。
軟膏の塗布によりかゆみは数日中に軽快しますが、おりものが完全に治癒していない うちに坐薬の使用を止めてしまうと、何かの拍子に再びかゆみが現れることになりま すので、治癒したかどうかをお医者さんに確かめてもらうことが必要です。
また、膣内の洗浄は有効な方法であり、膣洗浄に通うことで早く治癒することが期待 できます。下着はまめに取り替え、通気性の良いものを選ぶようにすると良いようで す。



2.子宮、付属器の感染症について


1−A.子宮内膜炎

上向性感染といい、膣、子宮頚管から子宮内膜へ細菌が入り込むことにより、子宮内で炎症を起こすのがこの病気です。流産、人工妊娠中絶、分娩などがその引き金になることが多いようです。
下腹部痛、軽度の発熱、時におりものの増加を認め、月経異常(不正出血や月経過多など)を伴うこともあります。
慢性化して子宮内に膿が溜まることもあり、子宮溜膿腫と呼ばれます。閉経後の方に見られることがありますが、月経周期にある方にはまれなものです。
治療は、抗生剤の投与、消炎鎮痛剤の投与、安静などで、閉経後では女性ホルモンの投与も行うことがあります。


1−B.子宮付属器炎(卵管炎、卵巣炎など)及び骨盤内腹膜炎

子宮内膜炎(上記)に続発しておこることが多く、これも子宮内から卵管へと細菌が進入してきた結果発生する病気です。原因菌としては、昔は結核や淋病でしたが、最近ではクラミジア感染(ここを参照)がもっとも多いようです。その他ブドウ球菌や連鎖球菌、大腸菌なども起炎菌となります。
誘因はやはり流産、人工妊娠中絶、分娩などが多いですが、体力の低下、性交、あるいは月経が誘因となる場合もあります。
炎症が卵管内にとどまらず、骨盤内に波及して拡大する場合が往々にしてあり、この場合には骨盤内腹膜炎と呼ばれます。


   症状

急性発症の場合には、強度の腹痛、腰痛、悪寒ないしは悪寒戦慄を伴う発熱(38℃前後)が主症状で、これに悪心、嘔気・嘔吐、便秘ないしは下痢、頻尿などを伴うこともあります。
亜急性に病状が進行する場合には、体温は微熱(37℃台)であることが多く、これに 鈍痛ないしは時々出現する疝痛(刺すような痛み)、腰痛、時に嘔気・嘔吐などを伴いながら経過します。
また、月経時、性交、排便排尿、労働時に際して痛みが出現する場合もあります。


   特徴

炎症のため卵管が閉塞し、卵管内に膿が貯留することがあり(卵管溜膿腫)、これが原因で不妊症(ここを参照)を引き起こすことがあります。
また、癒着性変化を残すことが多く、その結果子宮後屈を起こして性交痛や排便痛の原因となったり、骨盤内でのうっ血をきたして月経異常や頑固な腰痛・下腹痛を起こすようになることもあります。
検査所見では白血球の増加、CRP陽性、血沈速度の亢進などが見られます。


   治療

抗生物質の投与、消炎鎮痛剤の投与、そして安静が基本になります。
治療には比較的長期を要することが多く、入院治療を必要とすることもまれではありません。また亜急性、慢性に経過すると治療に抵抗することが多かったり再発を繰り返したりするため、手術治療を必要とすることも珍しくありません。