1.腹腔鏡とは?

 産婦人科領域での腹腔鏡は、臍輪直下の1〜3cmの手術創からCCDを利用したビデオカメラを挿入し、子宮、卵巣、卵管、及びそれらの組織の周辺を観察するものです。この方法により、確実に診断を得ること、腹腔内の状態を直接観察することが可能となり、さらに昨今では手術器具の進歩により、今まで開腹せざるを得なかったものでも、腹腔鏡下に手術することが可能となってきました。


2.腹腔鏡により可能な手術

 これには、以下にあげるようなものがあります。

1)卵巣嚢腫に対する手術
   嚢腫核出術、付属器摘出術など
2)子宮内膜症や、癒着に対する手術
   癒着剥離術、嚢腫摘出術、病変焼灼術など
3)子宮外妊娠に対する手術
   卵管摘出術など
4)子宮筋腫に対する手術
   筋腫核出術、腹腔鏡下膣式子宮全摘術など
5)卵管閉塞に対する手術
   卵管開口術など


3.手技について

 ビデオカメラを挿入するための手術創を開けたあと、気腹法(腹腔内にガスを入れて膨らませてる)または吊り上げ法(腹壁を器械で吊り上げる)のいずれかの方法により広く視野を確保します。その上で小型ビデオカメラを挿入し、腹腔内を観察します。
 観察後、手術を行うために、腹壁のいずれかの場所に1〜2カ所、1〜2cmの手術創を追加し、ここから専用の器具を挿入して癒着剥離、切開、縫合、止血などの操作を行います。これにより先述のような手術が可能となります。


4.腹腔鏡のメリット・デメリット

●メリット
・手術創が小さくてすむ。
・術後疼痛が少ない。
・入院期間が短縮できる。
・妊孕性の面で有利である。

●デメリット
・手術時間が開腹手術に比べて長い。
・手術操作に制限がある。
・手術料が高くなる。
・この手術特有の合併症を起こすことがある。
  (腸管や血管の損傷、腹壁出血など)

また、場合により(予期せぬ大出血、癒着が強固である、など)、開腹手術を余儀なくされることがあることも知っておくべきでしょう。

 

開腹しない手術へ

代表的疾患のトップへ

トップページへ