navi_mark navi_title navi_link1 navi_link2 navi_link3 navi_link4 navi_link5 navi_link6 navi_link7

分娩(LD)室・手術室 

 

分娩室には、L.D.R.システムを取り入れております。L.D.R.システムとは、Labor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)の三つの期間を一つの部屋で過ごすこと、すなわち今までのようにそれぞれの時期に部屋の移動をしないで済むシステムのことを指し、分娩をできるだけ快適にするためのものであると考えてもらうと良いでしょう。

 

  LDルーム    
L.D.R.のご紹介です。
従来の分娩とは異なり陣痛室→分娩室→回復室(病室)という部屋の移動をせずに済む点がこのシステムの最大の魅力です。できる限りリラックスしてお産に臨めるよう配慮されていますので、安心して出産に臨んで下さい。
また、ご主人の立ち会い分娩もお受けいたしておりますので、ご希望の方はお申し出下さい。
 
   

 

      分娩台
分娩台の形にしたところを撮影しました。
上半身を半分起こし、半座位の形でいきんでもらいますが、この姿勢が上手にいきむのにはベストな姿勢のようです。
 

 

 

  手術室  

  手術室 腹腔鏡セット
  麻酔器 リガシュア
 
左上:手術室の全景  右:腹腔鏡のための器械セット
左下左:中央が全身麻酔用の器械、左にあるのが麻酔の自動記録装置
左下右:リガシュア、コンピュータ制御による凝固装置

産婦人科系手術全般をこなすことが可能となる全身麻酔を初めとする設備をそろえ、さらに腹腔鏡による手術のための最新の設備、リガシュアやレーザーなどの外科手術用の新しい器械も取り入れております。

 

  手術中スナップ