navi_mark navi_title navi_link1 navi_link2 navi_link3 navi_link4 navi_link5 navi_link6 navi_link7

  不妊症診療の案内     

   通常、健康な夫婦間で普通に性生活があれば、約9割の方が1年以内に妊娠するという報告があります。
日本では結婚して普通に性生活を送りながら2年間妊娠しない場合に不妊症と診断することになっていますが、最近では1年間妊娠しない場合には検査治療の対象になるものと考える傾向になってきています。
 当院における不妊治療に関してをこのページにまとめてありますので、「病院へ行ってみようかな」と考えた際の参考になれば幸いです。

 

 

不妊治療・タイトル
 
  外来診察
   

まず、外来で以下のような診察・検査を行います。

 ・子宮卵巣の超音波検査(筋腫、内膜症などの疾患の有無をチェック)
 ・血液検査(ホルモンのチェック、貧血の有無など)
 ・ 子宮卵管造影検査(主に卵管の通過性をチェック)
 ・ご主人の精液検査
 ・クラミジアなど不妊の原因となりうる疾患の検査

以上のような検査の他、基礎体温表を記録していただいて排卵の有無をチェックし、特に異常所見を認めないケースで排卵がある場合にはタイミングの指導を、排卵がない場合は排卵誘発を行った上でタイミング指導を行うようにします。
卵管の通過性に問題がある場合は腹腔鏡を行うか、体外受精を考慮することになります。
精子が少ない場合には、程度が軽い場合は人工授精を、高度な場合には体外受精を考慮します。
 
人工授精、体外受精については以下の項目を参照して下さい。

 

基礎体温表の例
基礎体温表の一例です。
  人工授精
   

排卵日に会わせてタイミング指導をすることでなかなか妊娠しない場合、約1年を目安に次の段階として人工授精を考慮します。前述のようにご主人が軽度の乏精子症の場合(精子が少ないが、その程度が軽い場合)でも、人工授精の対象になります。
この方法でもなかなか妊娠しない場合には、以下の体外受精を考慮していただくことになります。この切り替えの目安はやはり半年〜1年くらいと考えて頂いて良いでしょう。

 
培養器の写真
体外受精に用いる受精卵の培養器です。
  体外受精
   

以下のようなケースに対し、体外受精を考慮します。

 ・子宮内膜症がありなかなか妊娠しない
 ・両側(ケースにより片側の場合でも)の卵管が閉塞している
 ・乏精子症の場合
 ・タイミング、人工授精でもなかなか妊娠しない
 ・精子に対して悪影響のある因子を持っている場合
   (抗精子抗体、精子不動化抗体など

体外受精では顕微鏡下に受精を確認した上で、受精卵を子宮内に戻すという作業を行います。このことにより、新たに不妊症の原因を突き止めることが可能となる場合もあるというメリットがあります。

当院では以下のようなスケジュールで行っています。

採卵室の写真
採卵室と、奥に見えるのが培養室です。
  1. 排卵の誘発
    月経が始まったら、初日より経鼻スプレーを開始し、月経開始日から3日目よりFSH注射による卵胞刺激を開始します。卵胞が直径で17〜18mmくらいに発育するまで刺激を行い、続けてHCG注射により排卵誘発をします。
  2. 採卵
    HCG注射後約32時間後に、入院の上で軽い麻酔下に採卵を行います。
    経膣式超音波にてモニターしながら針を刺し採卵を行い、同時にご主人に採精していただきます。
  3. 培養
    精子と卵を一緒にして培養器内で2日間培養を行います。
    この間に受精が成立すると、2日後には受精卵がほぼ4分割卵にまで発育しますので、それを確認した上で胚移植を行います。
  4. 胚移植
    受精卵を子宮内に戻します。
     
クリーンベンチの写真
クリーンベンチです。清潔空間を保つこのベンチ内で、
体外受精や人工授精に必要な精子・卵に対しての
種々の操作を行います。